2008年02月02日

レバレッジ人脈術

最近は「新知的生産術」に感化されて、
多読積読、インプットアウトプットにいそしんでおります。
仕事も忙しいですが、、、

読みました。これも読もう読もうと思っていた本。

この本を読む目的、俺にとっては人脈作りのノウハウではないなぁ。
本にもあるけれど、人脈というのはコントリビューション=貢献できる関係がベースにあってできるものだと思う。
今の自分にはまだまだ何もないと悲観してしまいそうだ。
でもそこでレバレッジという考え方が生きてくるんだと思う。
文中にもあるが、「アーリーステージ」への投資という考え方。
この本を読む人の多くは、人脈を作りたい、と思っている人。
でも、コントリビューションできるものがまだあまりない人だと思う。
(いや、、、人脈を作りたいと思うような段階であれば、いろんな実績を持つ人も多いかも、、、)
それでも人脈を築くには、
自らが「アーリーステージ」の投資対象にならなきゃいけないってことなんだな。
本田氏に直接メールを送った学生たちも、
自分たちがいかに魅力ある投資対象であるかをアピールしている。

まだまだコントリビューションできるものは持っていないけど、
自分の得意分野で、且つ、将来一緒に仕事をしたいと思うような人たちにコントリビューションできそうな分野ってなんだろう。

飲食業界に身を置いている。
年齢的にまだ若い。
食生活に関する知識は若干ある。
ITツールの活用は得意(なほう?)
夢・目標がだんだん形づいてきている。
本をたくさん読んでいる。

やっぱり特化した知識や経験を一つでも持っておきたいな。
野菜ソムリエの資格を突き詰めようか。それともお酒の資格を新たにチャレンジしようか。
そのどちらも、この本のやり方に合わせて活用できると思うし、自分の知識欲も十分に満たせそうだと思う。

最近は自分の幸せや成功をしっかりと信じていられるようになってきた。
どこかで挫折したり失敗することもあると思う。
けど、それでも諦めないことが大切なんだということは100%理解できるようになってきた。
でもまだまだ人間的に未熟なとこもあって、
優越の箱・当然の箱に入っていることも多い。
カウンセリングやセラピーの勉強も必要かなと最近思う。

また実際にいろんな人とコンタクトを取っていける人間になれたら、
もう一度読み返したいと思う1冊。
それまでは「アーリーステージ」めざして努力しよう。

・・・すむーすさんまたしても載ってマスネ、、、びびります。汗
posted by koji at 12:15| 東京 ☁| Comment(1) | TrackBack(1) | リーディング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちは。
「レバレッジ人脈術」読みました。
この本を読んで、コントリビューションを
かなり考えるようになりました。
「新・知的生産術」は未読なので、
今度、読んでみます。
TBさせていただきます。
Posted by ikadoku at 2008年02月04日 11:35
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

レバレッジ人脈術
Excerpt: レバレッジ人脈術 (2007/12/14) 本田 直之 商品詳細を見る 満足度★★★★ 実は、もう少し後で読む予定にしていて、 最初のサワリだけ...
Weblog: 活かす読書
Tracked: 2008-02-04 11:38