2020年03月24日

PUBLICHACKとコロナとクラフトビール

例に漏れず新型コロナウィルスに多大な影響を受ける。
単に疫病という現象を超えて社会の在り方を変えてくるこの事象に対してどーすんべと思う日々です。


著者の笹尾さんとハグする機会がありました。笑
公共空間をもっと自由に使う。
きっとこのコロナ禍がなければ、へぇーの感想で終わってしまったかもしれん。

この騒動を受けて今一番思うのは、
市民の消費活動が止まってしまった途端に経済が破綻してしまう社会ってなんなんや。ということ。
このハイパー消費社会の終焉を実問題として体験する機会をいかにして活かすかってことをこの1ヶ月考えてるわけですが、
飲食ってまだましやなーとしみじみ思う。
自分自身が飲食を生業としようと思った理由が、それが絶対ゼロにならないと思ってるからです。
このコロナ禍においても、
人間はごはんを食べるし、寝て起きて生きるために必要な衛生面や健康維持に関することは全てやってるはずなのに、
仕事は減って企業の収益は減少して街は活気を失っていく。
それって裏返せば、今まで自分たちは生きるのに必要なこと以上に何かを消費して消費して消費してお互いに在って無いような価値を交換し続けることで経済や生活を維持してたんじゃないんかということ。
(ちょっと大げさな言い方かもしれんけど、大げさな言い方をするとそうなる気がする。)

4月にホセ・ムヒカの映画が公開になるので、それ観てから書こうかなーと思ってたテーマなんですが、
このPUBLICHACKの本を読んでなんとなくリンクしたので今日書きます。

この本に書かれているのは、
私たちはもっと消費を目的とせず、何かを楽しむことを目的として簡単に街なかでできること、やってみたらいいんじゃないの?
っていう目からウロコ的なHACKを実例をメインとして紹介してくれてます。
それは、人々の生活であり、街の在り方であり、新しい消費の仕方です。
(新しいというのが正しいのか、過去には当たり前だったことが今は失われてしまったというほうがいいのかも)

今までの私の感覚では、飲食店は食事を提供する場、だけでなくて人と人とが交流をして楽しむ場であるという認識でした。
だからその為に、美味しい料理があり、美味しいビールがあり、快適な空間があっておもろい店員がいるというのが正しいことのように思ってた。

でも、このコロナ禍騒動で、価値のあったビジネスが立ち行かなくなるのを目の当たりにすると、
自分が正しいと思っていた価値観が揺さぶられる気持ちになります。
百年に一度の出来事と言われても、こんなことが10年先も起こらないなんて到底思えないし、私たちは変わるチャンスなんだとも思う。

かといって、自分がやりたいことは変わらないわけです。
クラフトビールをもっと気軽に身近に飲んでもらいたい。
こういう事態になったからこそ、生活必需品になるべき、と思うわけです。

コロナウィルスに怯えて、生活や仕事を制限されても、うまいビール飲みてぇなぁという気持ちは人間にはあると思うんです。
これから先世界は大不況に突入したとしても、人々がクラフトビールを楽しみたいという欲求を満たすにはどうしたらええんやろうと。
もしくは、クラフトビールを飲むことで、なんか大変やけど明日もがんばろーぜって思えるようになるには何ができるんやろうと。

このPUBLICHACKの本を読んでそのヒントがあるような気がしたんですよね。
何をどうしたらいいかはまだちょっとわからないんですが、
例えば今お付き合いのある企業さんのとある活動のフリービールというのがあるんですが、
きっとこれまでの業界の感覚だったら、クラフトビールを無料で飲ませやがって、俺らメーカーの価値を下げんじゃねーよ、と思う人もいたと思うんです。

でもそうじゃなくて、過剰な消費や付加価値の押し付けが見直された時に、今までの経済活動では理解されなかった違う視点での価値が生まれるんちゃうかなという。めっちゃ感覚的やけど。
もっと美味いものを、もっと目新しくてステイタスになる珍しいものを、っていう過剰な消費欲求だけじゃなくて、このビールをどうやって楽しもうかなぁとか、誰と楽しもうかなぁとか、どこで飲んだら気持ちいいかなぁとかそういう、在り方に価値が移っていく。
そう考えると、自分ができることってもっと色々あんじゃないかなぁと思った次第です。
なんか当たり前のこと言ってるようやけど、それが当たり前に出来る人って正直そんないない。

クラフトビールはローカルな存在であるべきという考えも変わりません。
だから街との関わりについても興味がある。でも単純に地域密着ともなんか違う。地産地消ともちょっと違う。
PUBLICHACKも、無理に人を集めたり消費を促したり行動を強制したりしない。
ただ、もっと気持ちよく自分の生活を楽しむために、使われていない使っていい公共空間を上手に使う。
その時に、もっともっとその体験を良くするためにクラフトビールがあったらええなぁと思う。

小規模ビールメーカーとしてだけでなく、
飲食企業として今から何ができるんやろう。
宅飲み推奨とか、Zoom飲み会推奨とも違う。
考える必要はあるけど、のんびり考える時間はないかもしれない。
ただでも、この本を読んで、やってみなはれ的なやり方は学び。この社会にはもっと楽しめる可能性がある。

というわけでこの春で色々やっていきます。
お楽しみに。
posted by koji at 21:57| 大阪 ☀| Comment(0) | フード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月17日

ブルーオーシャンとブリューパブ

1月短いです。なんもせんうちに終わっていく恐ろしさ。
長かった冬が早く明けてほしい気持ち。
弊社も法人化して丸2年が経ちました。
暇な時期は暇な時期なりにインプットアウトプットを。


ブルーオーシャンって、いい響き。だけどそんな簡単に見つかるもんじゃない。
100のブルーオーシャンの可能性から気になったのを抜粋。

bS 昼のスリープマネジメント
昼寝市場。短時間の仮眠で業務効率アップする。職場に昼寝スペースを設けるためのデバイス市場。
頭脳労働者向けな風だが、飲食も普通にあり。みんな休憩仮眠はするけど、それを効果的にするには?

bT フードテック
まぁキーワードとして。フード&テクノロジー。代替肉とか、ロボ化自動化とか、植物工場とか、ウーバーイーツなんかもその一つ。

bP3 フードツーリズム
日本におけるフードツーリズムは鮮魚で訪日観光客を集めることらしい。水揚げされる漁港の近くで消費する。
TAGBOATTAISHOはどうなるかな?ちょと違うか。

bP6 CBD カンナビジオール
大麻の茎や種に含まれる成分。違法のTHCとは別物。これはまぁちょっと話題になってるけど。
医療的有効性、リラックスや睡眠に効果。海外ではCBD入りビールはある。国内ではまだないはず?https://medleaf.jp/cbd-alcohol/

bP8 ライブエンターテイメント
コト消費。ブリューパブもいわばライブエンターテイメントの一つ。カジノとの関連。これも訪日観光客へのアプローチ

bQ0 ギア沼
いわゆるキャンプ沼とかそういうの。自転車、釣り、アウトドアなどなど。クラフトビールからのホームブリューも沼化しやすい。
コスパよりも価値観が重視されるので消費が上がる。

bQ2 アグリツーリズム
グリーンツーリズムなど、こちらは農業へのツーリズム。ホップツーリズムも関連。
インバウンド向けもあるが、教育との関連もあり。ITを使って、現地に行かなくても田舎で農業体験ができるなど。気が向けば行く程度でも可。
でも、意外と伸び代は低く見られてる。5年間で1.5倍の市場になる。

bQ6 DtoC ダイレクト・トゥ・コンシューマ
自社での企画製造直販。顧客と直接つながり、長期的な関係が築けるかが重要。フィードバックを受けられる。サブスクリプション化。
ブリューパブもいわばDtoCビジネス。しかしそれ自体がブルーオーシャンか?と疑問

bS2 働き手、働く場、働き方の改革
施策のない働き方改革に辟易する。ITの活用しかない。時短ではなく、価値・生産性の向上。モノではなく、人への投資。
そんなこたわかってるという声も聞こえてきそう。飲食もそういう時代。思い切った施策が必要と感じてる。

bS3 情報コンシェルジュ
これも働き方改革に内包される市場。情報収集自体を外注する。単純なIT化だと、「速く、もれなく」収集されて多すぎる。ここに人が介在する意味があって「正しく、手短に」要約された情報が得られる。
でも、これ外注化したら、経営って判断するだけでいいのかな??

bS7 パラレルキャリア支援エージェント
パラキャリは確かに注目。飲食店の、ダブルワークとはちょっと意味合いが違う。が、雇用の多様化は飲食にも製造業にもある。雇用が複雑化してくると、キャリアプラン自体をマネジメントするサービスが生まれると。

bS8 フリーランスサポート
上記に続き。マッチング、プラットフォーム化。ファントムブルワーも今後もっと多様化?

bS9 LGBT採用支援
ジェンダーレスが進むにつれ。Allyを増やす。LGBTではないが、LGBTに理解支援する存在。飲食店の雇用機会アップ。

bT3 フレキシブル・ワークプレイス
場所に縛られない働き方。飲食店では難しいか?自社で店舗は構えるが、バックオフィスはコワーキングスペースでもいい。

bT5 周年事業コンシェルジュ
こんなんあるんや的な。日本は寿命の長い企業が多いので事業の周年イベント自体に需要があると。周年イベントでビールのOEMを受けることは多い。

bT7 Services on Maas
自動運転技術が移動時間の使い方を変える。移動しながらビール飲める。

bU4 スキルショップ as service
スキルのある個人に外注するのでなく、組織に依頼する。ブルワリー経営をブルワー個人に任せるのではなく、会社でコンサルティングや技術提供、アドバイザリをするイメージ

bV3 まちたたみコンサルティング
これけっこう意外な視点やった。過疎化するなら盛り上げるためにコンサルティングする、っていうのが普通の考え方やけど、過疎に合わせて街をコンパクトに変えていく。インフラの維持が自治体の負担になっているという視点。

bV4 スモールコンセッション
人口20万人未満の自治体が手掛ける小規模コンセッション事業。官民連携。上記と合わせて、自治体と連携したブルワリー。

bW0 カーボンリサイクル
排出される二酸化炭素を資源化する技術。例えばメタンができる。 ビール醸造の過程で、発酵時に二酸化炭素が発生する。

bW1 食品ロス削減
SDGsでも明記。マーケティングのあり方も変わる。AIによる予測精度。廃棄間近のもののシェアリングサービス。また、廃棄になるものはバイオガス発電のエネルギーに。などなど。ビール製造の廃棄で出る、麦芽のカス。これの有効活用は?

bX2 テクノロジー拡散
ローカル化。他国で成功したビジネスを日本で展開してもうまくいかなくなる。人間がどこでもできることをやってはいけない。
むしろ、ローカル特有の問題解決をするほうがいい。
もしくは、まだ人間がいない市場、海中・宇宙・空中。宇宙ブルワリーはもうあるから、、、海中ブルワリーか、、、、

bX8 IT/OT人材育成
バーチャルのIT(インフォメーションテクノロジー)とリアル現場のOT(オペレーショナルテクノロジー)の両方に精通、内包して最適化できる人材が必要になってくる。働き方改革なんてのをやっていくためには、IT、IoT、AIの活用は不可欠になるが、OTがないと成果につながらない。
うちのビール醸造も、OTはローテク基本だが、要所要所で合理化するためにITも活用する。そういうの日本は遅れてる。


抜粋けっこう多かった、、、
共通して言えるのは、技術の進化が前提。
とはいえ、どれもこれも、想像できないような突飛もない話でもない。
目の前にある、もしくは少し視点を変えれば見える課題にブルーオーシャンが広がってるんじゃないかという救い。
人間がどうにか楽しく健全に長生きするためには、多くの人がそれぞれのブルーオーシャンを見つめて価値を高めていくしかない。
小さいけどブルーオーシャンがいっぱいある。そんな風になる気がする。

posted by koji at 10:36| 大阪 ☁| Comment(0) | フード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月03日

2020年 勝負

あけましておめでとうございます。
2020年になりました。あっという間に。

2019年も色々あったけど、もどかしい1年。
ちなみに2018年は苦しかった1年。
今年こそはという気持ちはあります。


で年末読了したこの本と今しがた、父の墓参りに行って。

父の墓参りに行くと、自分の人生観や仕事観を揺さぶられます。
働きすぎとストレスとアルコールで倒れて亡くなった父は、きっと好きな仕事をしてなかったんじゃなかろうか。
家にもあまりいた記憶もないし、仕事人間だったのは確かと思うんやけど。
経営者として従業員の方々から慕われていたようやし、家族にも優しかった。
きっと賢い人だったろうし、教養もあった。
けど早く死んだ。父はなんであんなに償うみたいに働いてたんやろう。

でもそれが美化されて自分の人生観にもプリインストールされてる。

宗教があれば救われたんやろうか。
この本には、宗教も人類の発展に必要だったから、時代に合わせて形を変えて広がった歴史が書かれている。
哲学も同じ。社会が成熟したり、科学が進歩するに合わせて変化していく。
それでも、過去と同じ思考が繰り返されて人間は生きて行く。

人は死ぬけど、生きてる間に何をするかが、どれほど重要なんやろうか。
もしくは、重要である必要ってなんなんやろうか。
父が何を思って生きてたか今では知ることはできないけど、ほんとはどうやって生きたかったのか聞いてみたい。

続きを読む
posted by koji at 16:57| 大阪 ☁| Comment(0) | diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月30日

タイトルをつけるほどのこともないけど、言いたいことはいっぱいある

令和元年の11月も今日で終わろうとしております。
今月一瞬で過ぎ去ったなー、
と、モーニングセミナーに行ったあとで振り返り。
そして来年のことを考える。

百貨店の催事に今月は2回参加しておりました。
それもあってバタバタして店舗にはほとんど不在やったんですが、
店舗はスタッフが頑張ってくれたおかげで通常営業も続けれました。
ありがとうございます。

催事、難しい。
今年の春先に出店したときは割りとうまくいったのでぶっちゃげ油断してましたね。
こんなにも売れんもんかなと。
まぁ平日昼間にビールが飛ぶように売れるのもどうかと思うんですが、
初めてクラフトビールってものに触れる人たちに飲んでもらうのってやっぱり大変やなと。
いや、もう、とりあえず生、で飲んでもらうのがいかにすごいか。
とりあえず、やもん。
とりあえずピルスナー。とりあえずペールエール。とりあえずヴァイツェンボック。とりあえずベルジャンゴールデン。

勉強になりました。

催事手伝いにきてたスタッフが面白いこと言ってて、
店舗でやったらみんなあんなにビールいっぱい飲んでくれて、説明したり勧めたりしたらら喜んで飲んでくれる。
それがどんだけありがたいことなのか身に染みた、早くお店で接客したい。って。
ほんまそれよなー。わざわざお店に来てくれて、ビールいっぱい飲んで帰ってくれるお客様のありがたさ。
飲食店としても、ブルワリーとしても、まだまだ、あぐらどころか正座してもあかんかった。
必至で走り回って知ってもらわないとだめだわ。

色んなブルワリーの人と交流できたのも、スタッフにとってはいい刺激になったかもしれません。
新興ブルワリーも多く出店されてましたけど、ちょっとずつ世代交代が進んでるかな?
醸造やってる人も若い人が増えてきて、イベントでも顔になりつつあると思います。ちょっとサークル感あるけど。
本読みました、とか、ブログ読んでます、とか声かけてくれることも最近ちょくちょくあります。
ありがたいですねー。あんまりソースがないんですよね。一般向けにはあるんやろうけど。

今年色々準備してきて、
来年は次のステージに向けて動いていきたい。種まきばっかりで収穫が出来てない。笑
自分にしかできないことが、少しずつ見えてきて形になってきてる気がします。
具体的に書きたいけど、まだちょっと水面下。色んな人に協力してもらいたいから、改めてお知らせします。
来年はもっと情報発信できるようにしたいな。

でも、ビールも作りたいんだよなぁ。
ホントは料理もしたいし、サービスもしたい。美味いなこれって言わせたい。
そーゆーの当たり前に普通にあるようにしたい。うまい料理と酒と、気分のいい場。普通やけどそれが一番難しい飲食店。

今年もあと1ヶ月。がんばろ。
posted by koji at 08:23| 大阪 ☀| Comment(0) | diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月24日

臍噛むクラフトビール

9月10月で色々ありまして。
思いのままに書きなぐります。

AI×哲学×デザイン
これは主にプロダクトとしてのデザインの話
ブランディング=物語と定義したときにデザインとは
デザインは時代によって、機能性と嗜好性を行き来する
では、クラフトビールは何か?嗜好性が強いはずだ。
嗜好性が重視される世界は、潤った世界。富んだ世界。
大手ビールは果たして貧しい世界に対して機能としてのビールを提供していたのか?
逆にクラフトビールは嗜好性だけのために存在しているのか?
大手ビールが、スカッとしてほどよく酔っ払うためだけの機能性を求められていたのだとしたら、
より安価な発泡酒やその他ビール類が幅を利かせるのはしかたない。
では、クラフトビールは嗜好性だけのために存在すればいいのか?
機能性と嗜好性が時代によって変わるのは、世間の富によって変わる?
プロダクトとしてクラフトビールは、果たしてプロダクトで終わってしまうのか?

飲食マネジメント
飲食はより混沌としている。
外食は年々市場が縮小していて、中食に押されている。
外食の価値とは?
食事を摂るためだけなら中食でいい。クオリティに大差がない。
外食の価値は体験でありコミュニケーション
そこに来ないと得られない価値
その価値は外貨を払わずとも伝えられる

大阪におけるクラフトビールとは
認知されてない。ただただそれに尽きる。
知っている人だけでやーやーいって成り立つような市場規模ではない。
もっと知ってもらうには?もっと飲んでもらうには?
フレッシュホップと言ったところで、それに何の価値があるのか?
ビールが何で出来ているかも知らず、
ホップがどんなものかもしらず、
そのホップがフレッシュか否かでどうちがうか、誰もわからない。
それは主催も企画も運営もよくわかってないような状況で、
どうやって市場を教育できるんだろう
美味しいですよ〜といったところで、
美味しいのは当たり前だ。だれも不味いけど良い物を求めたりしない。
モノ消費からコト消費になったと言ってるだけでシフトアップしたつもりになってないか。
そもそもコトはモノより伝わりにくく不確定なものだから。
ハリボテはすぐに剥がされる。

東京の大手コンサル会社のクラフトビールセミナーにて
年商1億円、営利20%が今なら達成できるという触れ込み
これは、10%本当で、90%まやかしだ
1億売って20%の営利を得るのは不可能ではない
でもそれは、だれでもできるようなビジネスではない
年間20KLが最大のブルワリーで1億売るには7〜8割の売上を飲食で上げる必要がある。
それができる飲食店のマネジメントとは?そこは無しに語られる
地方でクラフトビールを高品質で作れば売れるという言い分には、
今まで売りに苦心した業界の人たちは苛立ちを覚える。

クラフトビール市場は、本当に成長市場なのか?
俺個人としては、完全に否。大手コンサルが入ってきたからなおさら思う。
そもそもクラフトビール市場がビール市場の何%まで拡大するのか?が重要と思う
クラフトビール市場の拡大は大手ビール市場をどれだけ喰っていくか、でしかないのだ。
都心部だろうが、地方だろうが、既存のビール市場を侵すことなくクラフトビール市場がシェアを広げるなんてありえない。
だからみんな、少なく見積もるし、現実的でない数値をおっ立てる。

クラフトビールでビジネスしてるんだっていうと、それだけでなんかイケてる感じ
んなバカな!斜陽産業でニッチなことしかできない社会不適合の人間がいっぱいいる、そんな感じ

悔しいからもっとビール作ってもっと飲ませるしかない
posted by koji at 19:43| 大阪 ☔| Comment(0) | フード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。