2019年07月13日

フレッシュホップの価値

IBUってもうずいぶん昔の基準だし、
ケトルホッピングにしか使えない数値だから現代のビール製造では参考程度に


「IBUってすごい大事だと思うんですが」と発言した関西のホップヘッズ代表に対して回答したキリンのホップ博士の金言


梅雨入りが遅くてまだまだジメッとした大阪。
毎年7月はちょっと忙しいような気がするけど今年はどうだろう。

大阪でもホップが育つ!
となって、うめきたを中心にホップの輪が広がってきて3年?
都市型のブリューパブとして、そのホップを使ってビールを作ろうという取り組みの一端に参加させてもらってるわけですが、
そもそもフレッシュホップに対しては懐疑的なんです。
(あんまり言ってないけど。笑)

ホッピングが苦手なので、
関西ブルワーズの勉強会でフレッシュホップのセミナーがあると聞いてひっさびさに参加してみました。

ホップって奥が深いなぁとは思いますが、国産ホップそのもののクオリティの評価むずかしい。
大手の取り組みや技術とか研究とか企業努力ってやっぱすげーなーって思うセミナーでしたね。
ペレットホップを自社でさらに粉砕して抽出効率上げてる話とか、へぇーーーーって感じでした。
ホップ博士に至ってはもはや(超ポジティブな意味で)変態。
でもこういう研究とか開発ができるのも、大手が生産性を高める努力をしてるからなんやと思います。
うちらのようなクラフトビールがなんで高いのかって、
そりゃもう一言でいうと非生産的だからです。決して、美味しいから高いわけじゃない。
これってすごい重要なことじゃないでしょうか。

いや、もちろん超絶うまいクラフトビールはいくら高くても飲もうってなります。
そういうビールもあるし、それはそれでいいと思う。でもそういうマーケットってどんだけあんのということ。

美味しいってかなり主観的な基準で、どちらかと言えば、好きか嫌いかのもんなんやけど、それが一律高いっていうのはなんでやねんというと生産性の話になってくる。

で、ホップの話に戻るんやけど、
フレッシュホップを使うビールってすごい非生産的なんですよね。効率悪い。要するにコストがすごいかかる。
そこに、
フレッシュホップ≒美味しい!≒高い!
ってしちゃうと、なんかおかしなことになるよなって思うんです。

今日は朝から経営者セミナーに参加させてもらって学んで来たんですが、
自分の個性(たち)を働かせる、という内容でした
「強み」と「価値」は似てるようでちょっと違うというお話やったんですが、
フレッシュホップを使ってますよ〜〜〜っていうのは自分にとっての強みでしかまだないんですね。
それが、ユーザーにとって価値があるって認めてもらって、初めて意味があると。

フレッシュホップの価値ってなんやろうと思うんです。
「美味しさ」じゃなくて「楽しさ」のほうが伝わるよなって。

そんな風に思うのは、ホップの取り組みをこの3年間一緒にさせてくれてる皆々様のおかげ。
感謝。

ホップを育てて収穫して、うちで一緒にビールを作って飲んでくれる人たちは、
たぶん、
ビールの美味しさそんな細かくわからない。笑
でも、めっちゃ楽しそう。笑

フレッシュホップに限らず、クラフトビールの価値、ブリューパブの価値ってやっぱりそこになってくると思う。
もちろん生産性を上げる努力はしないといけないし、
美味しいクラフトビールを作り続ける努力はしないといけない。
それはメーカーとして絶対必要な部分。
やけど、それをどうやって伝えるのかとか、感じてもらうのか、楽しんでもらうのかをもっと突き詰めていきたいと思った7月。

ブルワーの勉強会も、技術的なことや税法務的なことだけじゃなくて、
もっとプロモーションとかブランディングとかデザインとか、マーケティング的なこともやってくれたらいいのになぁ。
っていつも思います。
どう作るか、だけじゃなく、どう伝える(売る)のか、製販一致の両輪、ブルワーも学ぶべき時代やなと。

まぁだいたいこの勉強会に行ったあとはこういうこと書いてますねこのブログ。笑
posted by koji at 12:44| 大阪 ☔| Comment(0) | フード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月31日

雑記 レッドレイク? ブリューパブ≠ブルワリー+ビアパブ

令和なって秒で過ぎ去る1ヶ月。
GWからの月末が早すぎでもう終わり?感がすごいです。
2月のポストから結構空きましたが今年はこっからちょいちょい頻度上げていこうと思います。

5月は例年大阪でビールイベントがあるわけですが、
2度めの参戦。
盛り上がってんなー。10年目。密度が上がって熱量ありました。
まぁ予想通りといえばその通りなんですが、レッドオーシャン。
オーシャンてほど大きくないのでレイクか。
おんなじ土俵でおんなじやり方してるとうちみたいなとこは戦えないなぁ。
イベント自体のアップデートも期待しつつ、うちの戦い方はもっと考えんとなと。

これはジャパンビアタイムズの取材でもお話したんやけど、
出口の不足。ボトルネックがタップになってると思う。
もちろんタップが増えればいいというだけじゃなくて、飲まさる場と。
ブリューパブにはそのボトルネックを理想的に解消する可能性があると思う。
けど、ブリューパブ=ブルワリー+ビアパブじゃあかんなと思うわけで。
これが難しい。これをもっと突き詰めたい。
ビアパブと同じじゃ意味ないんよなぁ。レッドレイクの中から抜け出せない。
色々思案中、試行錯誤中。

試行錯誤といえば最近Kindleでプライム会員やったら無料の本を読み。


もうちょっと仕事のやりがいとか生産性の話なんかなと思ったけど普通に経営者視点な感じやった。。
イノベーションを起こすために必要な視野、アイディアを拾うことについて色々書いてる。
中から一つ。

新しいアイディアというのは、新しい場所に置かれた古いアイディア。

これはその通りやなと思う。
ブリューパブだって海外にはたくさんあって日本にもないわけじゃなかった。
既存のアイディアではあったけど、エリアを変えたり業態を変えたりすれば新しいアイディアになりうる。
新商品のボトルビールだって、全く新しいコンセプトなわけじゃない。

新商品ボトルビール KOTOBUKI の商品ページはこちら!!


最近読んだ本ではこれも結果的には同じような話やったそういえば。
今まで通り普通にクラフトビールを作って、普通にクラフトビールを好きな人に飲んでもらうのはうちが目指すところじゃない。
こんな風に言うと色んな人に怒られそうやけど。笑

ブリューパブはイノベーションの一つ。もっとできることないかなーと最近ふつふつと考えております。
なので、色んな人と会ったり話したりする機会が欲しいなと思っております。
昨日もクラウドファンディングのイベント参加させてもらいましたが、
高校一年生がクラウドファンディングにチャレンジする時代になったんやなぁと。
クラウドファンディングのあり方も変わってきてるのを感じました。

そんで自分ももっと成長せんとねと。
posted by koji at 14:16| 大阪 ☁| Comment(0) | ジョブ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月07日

利己的な遺伝子がビールを欲してる

昨年末までに読了しようと思ってたのに1ヶ月も延長して、
しかも補足の解説はまだ読めてない。
利己的な遺伝子 40周年記念版
利己的な遺伝子 40周年記念版

この手の本は好き。
科学というよりは哲学書。
内容の多くは数学的な部分が多いけど、
結局我々は遺伝子の乗り物でしかなく、それ以上でも以下でもないと。
遺伝子は複製を残すためだけに乗り物に作用する。
その作用の結果が、生き残るか淘汰されるか。
徹底的に利己的な目的のために、利他的な行動も発生する。
微生物も虫も動物も人間も、みんな同じ。遺伝子を残すためだけの乗り物。

ということは、
ビールはなんでこの世に存在してるんだろうと。
遺伝子が欲してるから?
というか、ビールを飲む遺伝子のほうが生き残りやすかった?
たかだか数千年の歴史しかないわけだから、
世代で言っても数百世代。
その浅い歴史の進化くらいで、遺伝子がビールを欲してるなんて測れるのかわからんけども、
そう思うとなんだか急に自分が悪くない気がしてくる。笑

この分厚い本の内容でまぁ大半は遺伝子について書かれてるけど、
1章だけ人間の文化について書いてある。
Meme=ミーム
遺伝子と同じ自己複製子の概念で、人間の文化や伝統、習慣、知識や技術などの情報で、伝達していくもの。
伝達する=複製する過程で進化する点が遺伝子と類似。

ビールもミーム。

あーこれは自分の言葉ではなかなかうまく説明できない!
から、ウィキに頼る。笑
ミームのウィキ
それでは何がミームの拡散を助けるのか、という疑問を解くには、ミーム進化のほんの初期の段階について考えてみる必要がある。人類に言語が生まれるより以前、脳は遺伝子進化の力により、DNAを複製させるという目的で進化してきた。つまり脳の進化は、人が生き残り、DNAに共通部分の多い相手と結婚して子孫を増やすことができる方向へと進んでいった。このため脳は、動物が持つ、本能から来る基本的な四つの衝動によって動くように進化した。四つの衝動とは、闘うこと、逃げること、食べること、結婚相手を見つけることである。

意識を持つように人類が進化する以前に、人類は言語を使えるようになった。言葉を使ってコミュニケーションを発達させるようになると、コミュニケーションにより危険を避けたり食べ物を見つけたり、また結婚相手を見つけることができ、生存と子孫を残す可能性を上げることができた。したがってコミュニケーションは、危険、食べ物、生殖といった特定の情報をやりとりするように進化してきたのである。

現在でも、私たちは危険、食べ物、生殖を含んだミームに注意を払う傾向が強い。したがって、危険、食べ物、生殖を含んだミームは、他のミームより速く広まるのである。


生存競争に勝ち残って進化するビールは有利なミーム。
ビールが美味しく進化してきたのは、それが複製される(≠消費される)=情報として記憶に残るためである。
ただ、遺伝子も「ウソ」を戦略的に使うことで有利に複製をする。
ビールも「ウソ」をついて人々を騙すことで、大量に複製する戦略を持った。
でもそれがあまりに偏ったとき、自然と揺れ戻しがおこって進化的にバランスしていく。

ミームは複製する=伝達するときに進化するのだから、
世界が狭くなってクラフトビールの情報量が増えてきたからこそ進化はどんどん加速している。
今の世界のビール市場って、そういうミームの進化に伴う戦国時代的な感じ?

利己的遺伝子の複製のために、ビールが生まれて、
そのビール(=それ自体が利己的ミーム)の複製のために、我々はビールを飲む文化を育んでる!

複製の頻度が遺伝子よりミームの方が圧倒的に多いから進化も早い。
だから、今は我々は遺伝子にビールを飲まされるより、ミームにビールを飲まされてる!


この本を読んでこんなこと考えることになるなんて。笑
自分が遺伝子とミームにビールを作らされて飲まされてると思ったらしゃーないなって思う。

こんかいのポストは自分的に神回。
posted by koji at 13:47| 大阪 ☁| Comment(0) | リーディング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月06日

2019年 次のステップ

2019年になりました。
創業して3年目。
毎年、年始にこのブログ更新して所信表明してるわけですが、
去年のポストを振り返ってみるところから。

文化を創るっていうのが2018年の目標でした。
2017年の勢いが良すぎて2018年は本当に苦しい一年でございました。
法人化して1年やってみて、
企業の体を成すというのがなんと重いことなのかと痛感しましたね。
(個人事業だから気楽、という意味ではなく、規模と合ってないという意味でしんどい。笑)

2号店がスタートして1年弱。
去年の今頃は、さてNYに行って店のコンセプトでも決めようかみたいな気楽な時期。
そこから考えると、2号店もまぁまぁスムーズにスタートできたのかなぁと思います。
テキサスバーベキュー×ブリューパブのキャッシュオンデリバリーを中崎町の住宅地でやるって割には、お客様に来て頂けた1年だったかなと。

1号店テタールヴァレは一定のラインを保ちつつもバブルの反動に苛まれた1年。
想定内といえば想定内やけども、今後に期待。

で、2店舗ブリューパブの経営をやってみてですよ。
拠点が2倍になっただけでなぜか業務量が3倍になるというマジック。
ブリューパブを横展開していくことの難しさを思い知りました。
これは、日本全国的に見てもレアなケースです。
関東で多店舗展開していたブリューパブ企業が他企業に身売りしました。
ま、そりゃそうやなと。やってみてよくわかる。
ビールを造ることは簡単やけど、継続して売りながら利益を出すのは難しい。
特にブリューパブのような非効率な規模であれば。
造るのは簡単やし、始めるのは簡単だ。
単独事業でオーナー自らなんでもやってるだけならなんとかなるかなって感じ。
だから誰も横展開を考えないし、したとしても単独事業のコピーではうまくいかない。
それがよくわかった2018年。

弊社、ブリューパブスタンダード株式会社の目指すところが明確になった1年でした。
ブリューパブ経営のOSを創る。プラットフォームを創る。日本のブリューパブ市場のウィンドウズ創る。

なぜブリューパブが必要なのか。

クラフトビールは確かに流行ってる。けもなれのドラマ見てクラフトビールの店に行きたいって人やっぱり一定数いる。
で、メーカーは乱立した。新しい醸造所、新しいビールがたくさん生まれた2018年。

でも、アウトプットが圧倒的に不足している。
メーカーが増える=インプット
アウトプット=飲める場所
ブリューパブはインプットとアウトプットの両方の機能を持つから自立しやすい。
ビアパブが増えればOKということでもない。大手の参入もあるし、アウトプットの増大と価格はシビアな関係になる。
結局ここでも制約条件の理論かーと思うわけです。ザ・ゴールまた読まないと。

2019年は間違いなくクラフトビールブームの転換期になる。
それは、またブームで終わるのか?という意味でもあるし、
メーカーは淘汰されるのか?という意味でもあるし、
消費者はマスに流されるのか?という意味でもある。
ブリューパブも乱立して、ただそれで終わる可能性も高い。
地域に根ざすブリューパブはたくさんある。ただただオーナーのキャパ次第で。

コミュニティを創って、ムーブメントを興すにはなにが必要か?
コミュニティの為にクラフトビールは必要ではないけど、
これからのクラフトビールにはコミュニティは必要と感じる。
うまいとかうまくない、という次元とは別で。
それでも、うまいという評価もほしいから努力はするしエントリーする。
唯一無二のクラフトビールのプラットフォームを作りたい。
うちの強みは、アトムとビットの両方をやるということ。個別では難しい。

2019年は自分のタレント化も含め、会社のブランド化にも注力したい。
もちろん各店舗の健全な運営は当然として。
一緒にワルダクミに参画してくれる人募集してます。
ぜひご連絡下さい。
posted by koji at 22:20| 大阪 ☀| Comment(0) | フード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月23日

クラフトビールはアートなのか?起業家はアーティストなのか?

最近あんまり本も読めてないし、ブログも書けてないです。
気付けばもう今年も師走を残すのみ。
今年もバタバターとしてるうちに終わって行くわけですが、
法人になってそろそろ一年。
やっぱ個人事業とは色々ちゃうなーと。世の中の社長さんたちリスペクト。
勤労感謝の日やし。


あんまり本も読めてないけど、書店にいってジャケ買いする本が割りとおもしろい。

世界のビジネスリーダーがいまアートから学んでいること
世界のビジネスリーダーがいまアートから学んでいること

以前はビジネスとアートって自分の中ではけっこう割り切られたモノやったわけですが、
この一年通じ感じたことの一つに、ビジネスも理論だけじゃ全然うまくいかねーってこと。

ちょっと本の引用しつつ。

◇起業家とアーティストは似ている。誰も足を踏み入れたことのない領域で働く。データすべてを検証するような時間はない。複雑な問題を論理的な方法で解決できないとき、経営者は通常直感に頼る。

◇創造性とアート。それはリソースの問題ではなくコミットメントの問題。企業として創造性を育む環境を目指す、とコミットメントする。

◇イノベーションの重要性は取り上げられたとしても、マネージャーは皆同じ考え方をするよう訓練される。革新も差別化も期待できない。

◇創造力とは新しいものを作る、新しい考え方をする、新しいアイデアを生む、ユニークな発想で無関係と思われていたものを結びつける能力

◇アーティストは完全にわかっているわけではない。推測するだけ。間違っているかもしれないけれど暗闇の中でひたすら跳び続ける。

◇創造性の基本は観察。観察とは受動的ではなく能動的な行為。


引き合いに出てくるのはもちろんiPhoneとジョブズ。他にもグーグルについても。
例えばプロダクトにおいてデザインの重要性がますます高まるっていうのはよく分かる。機能は常にオーバースペックで必要十分以上の性能を持つ製品しかないならデザインで選ぶ。

クラフトビールだって同じ。現状、クラフトビールのパッケージデザインの重要性っていうのは目に見えて高まりつつあるのを感じる。特に海外のプロダクトがガンガン目に留まるようになってからは。

最近、うちの仕事(というか自分の仕事)って、ビールを作ることじゃないのかもと思う。
最近お客様と話してると、自然と「ビールをデザインする」って言ってる自分に気づく。うちはメーカー的プロダクトとしてのビール製造をしている感覚があまりない。
小規模の強みとして多種多様な製品を作るようにして、OEMとかお客様の希望に合わせたビール造りを毎週のようにしてると、造ることのウェイトよりレシピやイメージをデザインする感じの方が感覚として重くなる。まぁこれはうちの強みかなとは思うんですが。
だからパッケージプロダクトを持たないうちも、クラフトビールにおけるデザインって感覚の重要性はひしひしと感じます。
日本のクラフトビールも規模の二極化が進むにつれて、アメリカ的ハイパーローカルな市場も出てくるのかなぁとも思うんですが、そこまで単純でもないかもと。

で、
クラフトビールをデザインするって言うと、ブルワー=アーティスト、みたいな風潮。あんまり好きじゃないです。
どちらかと言えばプロとしてのデザイナーって感覚かなと思ってはいるんですが。
ビール製造には、消費がセットやからです。消費されないビールは造れない。アーティストって言うとなんだかだんだん奇抜なものを生む方向に進みそうやから、好きじゃない。

と思ってはいるんですが、この本を読むと、そういうことでもないなと。
クラフトビールも(クラフトビール以外のものなんにでも)アート的な能力や思考法は必要になってきてるんやなと。
特にうちは、別に伝統的ビールを守ることに固執してるわけじゃない。
ブリューパブというビジネスモデルを日本で広げるために、明らかにイノベーションが必要と2店舗やってるうちに感じてきて、システムやスキームも新しいやり方が必要だなと。
ビール製造においても、新しいスタイルや飲み方を提案するのも必要かもだけど、逆に伝統的ビールを新しい手法で作ったりとか考えないととか。それは単純に飲食店経営においても一緒と言える。


自分のアーティストとしての能力ももっと欲しいと感じる。
ブリューパブの店舗開発だって、デザイン。メニューや販促だってデザイン。もちろん料理やビールのプロダクトだってデザイン。自分が何もわかりませーん、だからみんなで決めましょう、得意な人に頼みましょう、っていうんじゃ自分のビジネスが全然思うように進まないなと。
そういう感覚、この一年でほんと身にしみました。
アートや創造性が才能じゃなくて、スキルで組織的に向上させられるってことは大きな学びになりそうやけど、コミットメント次第っていうがなかなかハードル高いかと。まずは自分でやらんとあきませんね。


というわけで来年のことも色々考えつつ。
インプットもアウトプットももっと増やしていこうと思います。
posted by koji at 13:25| 大阪 ☀| Comment(0) | リーディング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする